2015年11月22日(日)三重県松阪市のRC LAND 23において "RICKSIDE DESIGN NITRO SHOCK 2ND SHOCK IN RC LAND 23"を開催いたしました。


九州、北海道をはじめ全国から熱心な1/8エンジンバギーフリークの方々60名にご参加頂きました。現役全日本チャンピオンの田中和哉選手を始め、全日本チャンピオン経験者の無限チームの大阪選手、鶴田選手もご参加頂き、ハイレベルな争いが繰り広げられました。また、小中学生のヤングドライバーも5名参加となり、若さ溢れる走りで会場を沸かせました。

レース形式は5分の予選を2ラウンド行い、5分のベストタイム制にて予選順位を争いました。また勝ち上がり3名方式を採用し、激しい上位進出争いが繰り広げられました。



予選1ラウンド目

路面状況もしっとりとした良い状況の中で行われ、大阪選手が8周5分27秒381を記録し暫定TOP。

2位には0.8秒差で高城航選手がつけるという接戦になりました。以下、井選手、鶴田選手、竹内選手、廣木選手、小保方選手の7選手が8周をクリアしました。


予選2ラウンド目

f路面の乾燥が進みギャップもかなり出てきた中、田中選手、井選手、竹内選手、遠藤選手、野口選手が予選1R目のタイムを更新。予選1~2R目の集計の結果、Aメインシード選手はTQ 大阪賢治選手、2位 高城航選手、3位 田中和哉選手、4位 井真宏選手、5位 竹内康久選手、6位 鶴田絢史選手、7位 遠藤大輔選手、8位 野口竜治選手、9位 廣木大選手となりました。


DASH FOR CASH

予選終了後に賞金争奪レース”DASH FOR CASH"が行われました。

出場権を持った選手は予選1~6位の選手、予選13、23、33、43、53、63位の選手の12名。9分のレース時間で予選下位の選手より5秒間隔でスタートし、その後上位6選手はグリッドからの通常スタートというハンデ戦になりました。燃費がギリギリの中燃料をセーブしながら我慢の走りか?給油をしながらもリードを広げるために攻めの走りをするか?難しい選択を迫られます。

尚、予選7、8、9位の選手はマーシャルとしてコース内を所狭しと走って頂きます。

レースはトラブルのため予選60位(63位は不在のため繰上げ)に沈んだ柴田選手が快調に逃げますが、5分過ぎに圧倒的なペース差で迫る田中選手に首位を譲ります。その後も柴田選手は善戦しますが、最後にはエンジンストールで万事休す。。。そのまま田中選手がTOPゴールとなりました。2位には鶴田選手との激しい争いを制した竹内選手が入り、上位3選手が賞金獲得となりました。

DASH FOR CASH 結果

優勝 田中和哉選手 2位 竹内康久選手 3位 鶴田絢史選手 4位 高城 航選手 5位 大阪賢治選手

6位 芝 昌寿選手 7位 井   真宏選手 8位 小森武司選手 9位 今村 寛選手 10位 宮木正昭選手

11位 亀田大揮選手 12位 柴田宗義選手

 

G~Cメインは15分間、Bメインは20分、Aメインは30分間で行われる決勝レース。

勝ち上がり枠3名の座を狙い、各メインで熱く激しいバトルが繰り広げられました!

 

その結果Bメインから茂木選手、山内選手、高城学選手が見事Aメインの残り3枠を勝ち取り、決勝Aメインのドライバー12名が決定致しました。

スタート前の練習走行で予選7位の遠藤選手がFアームを破損。修理を待ち、遠藤選手のお詫びアナウンスを経てAメイン決勝スタートとなりました。

スタート直後からTQの大阪選手と田中選手のマッチレースがスタート。両者ともに一進一退の攻防を繰り広げますが、11分頃に大阪選手が大きなミスをで後退。その後、各選手荒れる路面に手を焼きながらトップに追いすがりますが、田中選手が磐石のリードを築き各車万事休す。優勝 田中選手 2位 鶴田選手 3位 大阪選手の結果となりました。各ワークスドライバーがひしめくAメインの中、プライベーターの井選手(九州)が4位、廣木選手(関東)が6位、山内選手(中京)が8位を獲得しハイレベルな争いが繰り広げました。

各メインのリザルトは下記の通りです。


Gメイン

優勝 大屋博之選手 2位 澤井登志男選手 3位 池田孝行選手 4位 長幡祐希選手 5位 中森弘貴手

6位 柴田宗義選手

 

Fメイン

優勝 赤羽徳則選手 2位 加来研二選手 3位 久米正司選手 4位 大屋博之選手 5位 池田孝行選手 6位 村上高雄選手 7位篠原聡歩選手  8位 高橋一貫選手    9位 高橋恭平選手   10位澤井登志男選手

11位亀田大揮選手 12位玉置健治選手

 

Eメイン

優勝 赤羽徳則選手 2位 赤津和利選手 3位 島居孝次選手 4位 堀 昌史選手 5位 久米正司選手

6位 西田和三選手 7位 松本能則選手 8位 小森 純選手 9位 加来研二選手 10位 藤村 務選手 11位宮木正昭選手 12位 宮木忠正選手

 


Dメイン

優勝 赤羽徳則選手 2位 篠原利城選手 3位 山崎龍治選手 4位 今村 寛選手 5位 前川 要選手 6位 羽多野利勝選手 7位 島居孝次選手   8位 川口和美選手 9位 小野寺仁選手 10位 赤津和利選手

11位 小笠原金蔵選手 12位 尾池輝昭選手

 

Cメイン

優勝 堀江寿仁選手 2位 酒井 宏選手 3位 芝 昌寿選手 4位 徳田康次朗選手 5位 山崎龍治選手 6位 上ヶ島 学選手 7位 松尾正俊選手 8位 木村ケイゴ選手 9位 篠原利城選手  10位 田中淳平選手

11位 赤羽徳則選手 12位上野記寛選手


Bメイン

優勝 茂木 誠選手 2位 山内宏次選手 3位 高城 学選手 4位 小森武司選手 5位 久本裕太選手 6位 金田耕一選手 7位 小保方大地選手 8位 芝   昌寿選手 9位 葛谷 保選手 10位 居山勝一選手

11位 酒井 宏選手   12位 堀江寿仁選手


Aメイン

優勝 田中和哉選手 2位 鶴田絢史選手 3位 大阪賢治選手 4位 井 真宏選手 5位 茂木   誠選手  

6位 廣木 大選手 7位 高城 航選手 8位 山内宏次選手 9位 野口竜治選手 10位 遠藤大輔選手

11位竹内康久選手 12位高城 学選手


レース終了後、表彰式に続いて各メーカー様より賞品をご協賛頂き大抽選会が行われ、大盛り上がりのイベントとなりました。

 

ご参加頂きました皆様のご協力によりスムーズに進行することができました。開催前にコース整備を行って頂いた有志の方々、コースをご提供頂き素晴らしいレース進行をして頂いたRC LAND 23様、沢山のご協賛を頂きましたメーカー様、本当に有難うございました。この場をお借り致しましてお礼申し上げます。

RICKSIDE DESIGNでは、沢山の方にご参加頂ける明るく楽しくアツいイベントを今後企画予定です。

また次回のご参加をお待ちいたしております。

 

See you next SHOCK!!!!

 

協賛

株式会社無限精機/WONDER PRODUCTS/株式会社TRESREY/小川精機株式会社/HONEST/

ZERO RACING/株式会社エイチピーアイジャパン/三和電子機器株式会社/株式会社Speedmaster Japan/

双葉電子工業株式会社/Technic Japan(順不同・敬称略)

Welcome!!